ミコブログ

miconosの活動日記とかイベント情報とか…
miconosTOPへ戻る
<< 5月4日 ミコブログリレー35日目 | TOP | 5月6日 ミコブログリレー37日目 >>
5月5日 ミコブログリレー36日目

こんにちは。独立法人京都MICONOS野球部のエース、高松芳基です。兼サー先として、ミコノスにも入っています。昨日、係長からご指名を受けましたので、私からも野球部について紹介させていただきます。(→第二章) その前に、このブログは“ミコ”ブログなので、ミコノスについても紹介します。(→第一章) これについて書かなければ、お上のご叱責を受けた後、このサークルから破門されかねません。(…係長!ミコノスについて一切述べず、野球部についてだけ述べちゃったので、ピンチですねw)

 

   第一章  ミコノスとはなにか

自分でたてておきながら、これは非常に難しい問いですね。あれでもない、これでもないとこの章を2回大幅に書き換えたのがその証だと察してください。昨日の夜も、ずっとミコノスについて考えていると、自分の脳のキャパってこんなに大きかったっけ?と思うくらい、膨大な量の思い出が、しかも鮮明に次々と思い出されました。そのせいで、ベッドで目を閉じているけど、口元がニヤリとした状態が続いて、2、3時間眠れませんでした。

 … ミコノスで初めてできた友達が、新歓花見で知り合ったGordon氏だったこと、

 初めての活動で、上着を着たままプールに入りかけて、初対面のちぐちゃんに笑われたこと、

 れんたろーの名字が“稲葉”だと知ったときの衝撃と感動(B’zファンの私はこの名字に弱い)、

 巻田さんと辻本を識別しようと、懸命に努力した日々、

 なぜか、新歓に来た航平の恋愛講座を受講したこと …

もう無数なのでとうてい書ききれないです。新1回生には意味不明ですね。ごめんなさい。

結局のところ、私にとっては、ミコノスは「大学生活の楽しい思い出の源泉」みたいな場です。下手な比喩やなぁ。もちろん筋肉もつける場でもあります。とくにお口周りはよくつきましたね。

で、新1回生に伝えておきたいことは、「ぜひともミコノスの見学に来てください!」っていうことですかね。やっぱりサークルごとに独特の雰囲気みたいなのがあって、それは実際に感じてみないとわからないと思うんで。その雰囲気に自分がなじめそうなのか確かめてほしいなぁって思います。あと2、3回生から入ろうとしてる人たちも歓迎します。途中から入ってきてくれてできた友達もいます。

以上でミコノスのメンバーとしての任務は完了した。では次章から本題にうつるとするか。

 

   第二章   MICONOS野球部とそのエース

昨日のブログで、係長から私についていくつか言及があったが、読者の方々の誤解を招きかねないので、説明を補足するとともに、野球部について紹介する。

〃個垢寮睫世悗諒簑 ーー 私がスイッチピッチャーであることについて

私がスイッチピッチャーであるのは、そのまま、左右どちらで球を投げても、技術に大差ないという意味でご理解していただきたい。ただし、球速が速いか、コントロールが抜群かについてはエースのプライドを傷つける可能性があるので、その質問は×

▲哀蹇璽屬覆靴任睫邉緝瑤貌れる

一般的にキャッチボールはグローブをはめて行うものである。しかし、私ははめない。はめずとも、他の部員が私に向かってボールを投げるときは、なぜか一度バウンドしてしまうからである。下手ですねぇ。それともエースである私を恐れているせいだろうか?だが、他の部員に指摘される前に釈明する。そんな私も冬には“glove”をはめてキャッチボールをすることがあることを。しかし、それは防寒に資するものであって、手の保護に資するものではない。要するに、野球部はグローブがなくとも、手を負傷することなくキャッチボールを楽しめる部である。私が証明です!(ちなみに白良浜のビーチは最高のグラウンドだった。)

 

読者の皆さんの退屈そうな顔、冷めた表情が脳裏に浮かんだのでやめましょう、このお話は。

 

明日のブログは、最近ミコノスに来ない(けど野球部では活動活発な)こみぃに依頼する。そんな彼の目にはミコノスが、参加率の高い人とは異なって映っているのかもしれない。

 

   最後に

改行がおかしくなるような気しかしない。ミコブログは1年以上ぶりなのでお許しを。あと誤字脱字あるかも。

新2回生の方々、今年はコロナのせいもあって新歓が大変かと思いますが、この企画やオンライン新歓などの企画お疲れ様です。頑張ってください!応援してます!

| - | 09:42 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする